中性脂肪を下げる方法


スポンサードリンク

中性脂肪を下げる方法

中性脂肪は健康に気を使う方なら誰でも気になるポイントです。

 

中性脂肪は基準値を超えるとメタボリックシンドロームや生活習慣病の原因となる恐れがあります。

 

対策としては生活習慣、特に食事と運動を見直して、必要に応じて薬物治療、サプリメント、漢方薬などが用いるのが一般的です。

 

普段、エネルギーは糖質で代謝されるのですが、食物が摂取できない時に備えて、脂肪を蓄える機能が人間の身体には備わっています。

 

脂肪は効率的なエネルギー貯蔵庫としても使われます。

 

中性脂肪、内臓脂肪、体脂肪、コレステロールなど、脂肪に関する言葉さまざまですが、それぞれちょっと働きや機能が異なります。

 

簡単に説明すると、人間の体内にある脂肪組織全部をまとめて「体脂肪」と呼びます。その体脂肪の基となるのが中性脂肪ですね!

 

コレステロールも中性脂肪と同じく脂質の一種で、中性脂肪もコレステロールも体にとって必要なものですが、あまり多くなりすぎると動脈硬化など、身体にとって悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

 

 

 

 

 

また、生活習慣病における中性脂肪の扱いは複雑です。

 

かつては、LDLコレステロール(悪玉コレステロール)やHDLコレステロール(善玉コレステロール)が重要とされ、中性脂肪は軽視されていました。

 

しかし、最近ではメタボリックの診断基準に取り入れられ、注目されている脂肪の一つとなっています。

 

 

 

 

 

 

中性脂肪は体に必要な脂肪なのですが、増えすぎると動脈硬化などに結びつき、危険です。

 

基本的に、ダイエットと同じ様に、食事と運動で効果的に中性脂肪を下げることができます。

 

アルコールは肝臓で中性脂肪に変身してしまうので、お酒が好きな方はまずアルコールの量を少しずつでも良いので減らすことから始めるのがおススメです。

 

さらにお酒を飲むと、塩分や脂肪分が多いおつまみを食べてしまいがちになりますよね?

 

唐揚げや塩辛などは美味しいですが、ちょっとずつ中性脂肪を減らす努力をしていきましょう。

 

食事と共に、1日20分程度の有酸素運動をするのも効果的です。

 

ジョギングや水泳、エアロバイクなどがスポーツジムで気軽にできますので、週に2、3回は通っても良いと思います。

 

自宅を周りをウォーキングを実施するのも効果抜群です。あなたもしっかりと中性脂肪を下げる方法をマスターしてください。


スポンサードリンク