中性脂肪値が高い


スポンサードリンク

中性脂肪の数値が高いなら対策が必要です

中性脂肪が高いという表現は、基本的に基準値より高いということです。

 

健康診断などで血液検査を実施した時に判明することです。

 

基準値は、150mg/dl未満という数値なので、それ以上になると一般的に中性脂肪が高いグループになります。

 

中性脂肪の値が高いと、血液の中に脂肪細胞が増えてしまい、血液がドロドロになり、血栓となって詰まってしまったりすることも考えられます。

 

最悪のケースでは、脳梗塞や脳卒中など命に関わる症状を引き起こすことにもなります。

 

 

 

 

 

 

中性脂肪が多少高くなっても、すぐに体に悪影響が出るわけではないので安心してください。

 

血液中の中性脂肪が増加した状態が長い期間続いてしまうと、動脈硬化の危険性が高まるので注意しましょう。

 

血液中に中性脂肪が増えると、善玉コレステロールが減って、悪玉コレステロールが増え、コレステロールが血管壁にたまりやすくなります。

 

血小板の凝集が促進されて、血栓ができやすくなります。すると、動脈の内壁は徐々に厚くなり、血管の内側が狭くなって詰まりやすくなります。

 

このように血管が硬くなって弾力性がなくなる症状が「動脈硬化」です。

 

 

 

 

 

 

生活習慣を改善しないまま高脂血症を放っておくと、血液中に増えている中性脂肪やコレステロールが血管の壁にこびりついて、高血圧や動脈硬化になって、脳卒中や脳梗塞などの命にかかわる病気を引き起こす危険性が高まります。

 

中性脂肪が高い状態は、善玉コレステロールが減少し、悪玉コレステロールが増加していて、血液がドロドロになって血管がつまりやすくなっている状態だということを覚えておいてくださいね!

 

以上、中性脂肪が高いなら対策が必要についてでした。

 

 

 

 


スポンサードリンク

関連ページ

中性脂肪の数値が高い原因って何だ?
定期検診で中性脂肪が高い方が意外とたくさんいます。中性脂肪値の高い人は、糖尿病の引き金であったり動脈硬化の恐れがあるので気をつけなければいけません。