中性脂肪とアルコール


スポンサードリンク

注意!中性脂肪にアルコールは大敵です

中性脂肪アルコールは大敵です。しかし適量のアルコールは、食欲増進して消化能力を高めてくれます。

 

血液の循環が改善されたり、緊張を解きほぐしたり、ストレス解消・リフレッシュにも役立ちます。

 

また、善玉のHDLコレステロールを増やす働きもあるとされています。

 

適量のアルコールは健康にも良い影響があり、適量のアルコールを飲まれている方には長寿の方が多いというデータも出ています。

 

しかし、アルコールの取りすぎは、あなたの身体に様々な弊害を引き起こします。

 

 

 

 

 

 

 

 

過度の飲酒は肥満の元です。アルコールは体内に吸収されるといくつかの段階を経て、水と二酸化炭素に分解されます。

 

アルコール自体が中性脂肪になることはありません。

 

しかし肝臓がアルコールを分解すると、中性脂肪の合成を促進させる酵素が分泌されます。これがお酒を飲むと肥満になる原因を生みます。

 

 

 

 

 

 

 

健康な人が飲んでも健康を害することがない一日のお酒の限界量は、アルコール量で一日60gと言われています。

 

ビール 大びん2本

 

日本酒 360ml(銚子2本)

 

焼酎 グラス一杯(220ml)

 

ワイン赤・白 460ml

 

 

 

 

もちろんアルコールが及ぼす影響には個人差があるので注意してください。

 

健康な人のお酒の限界量なので、メタボリックの方や中性脂肪が基準以状の方は異なる量になります。

 

まずは1日量をこの半分程度とし、週1〜2日は休肝日を設けて休ませましょう。

 

中性脂肪に変わるのは、必要以上にエネルギーを摂取してしまった際のエネルギーです。

 

アルコールが中性脂肪を増加させることはもちろん、油分や糖分も、過剰な摂取によって、中性脂肪が増加する原因になる可能性があります。

 

やっぱり、お酒は控えめが一番ですよ^^

 

以上、中性脂肪とアルコールの関係についてでした。

 

 

 

 

 

 


スポンサードリンク